--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'04.01.15:22

オーストラリアGP - 予選

 〈第1ピリオド〉
 このピリオドでまさかのバリチェロが予選落ち。赤旗後のスタートするのが遅いし、走り始めても前のマシンにつっかえたりで、ちょっと不運も重なっていた。が、それでもあとのバトンの成績を考えるとまだマシンなどに馴染んでいないのかなとも思う。あと井出は常に走りづらそうで失敗などが目立った。

 〈第2ピリオド〉
 マッサのクラッシュで赤旗。この時点で残り5:28が残っていたが、あと約2分のところで雨。結果的に、早めにタイムを出していたところが正解だった。このせいもあり、主にミハエル・ロズベルグが脱落。ロズベルグはこのサーキットでは前の2戦とは違い、慣れるのに苦労してそうだった。

 〈第3ピリオド〉
 最初に雨が降り続ける場合のことを考えたアロンソがニュータイヤでアタック。まずいいタイムを出して、保険とする。しかし、雨は降り続かずいつものパターンでそれぞれのチームは燃料を減らし、後半にアタック。ここまであまり目立たなかったバトン。バリチェロが第1ピリオドで落ちたこともあり、マシン自体も上位勢にとどかないかと思ったが、やはりバトンはすごかった!!1:25.229のタイムをたたき出し、あとにアタックしたフィジケラ・ライコネン・モントーヤはとどかず、ポールポジション決定!

 バトンのあとに挑戦した約3人のアタックはドキドキだった。特にライコネン。途中まではバトンのタイムとほぼ同じぐらいで走っていたらしい。最後は追いつかず、バトンのポールポジションには僕も喜んだ!(ちなみに僕の予選1位予想がバトン。)こうなってくると、もう明日は決勝ポールトゥウィンだ!と期待してしまうが、後ろにいるのがルノー2台。本当にここのチームは安定している。特にスタートが速いイメージがあるので、明日はスタート直後に大注目。なんとかバトンはこれを凌いで初優勝を!!!
スポンサーサイト
F1GPトラックバック(8)  コメント(7)
Next |  Back

ハイパーいわん

こんちは!
TBありがとうございます!
バトンのポールtoWin!見てみたいですね!

2006/04/01(土) 15:46:43 | URL | [ 編集]

-

1st period

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | [ 編集]

-

このノックアウト方式では初めの15分でいかに結果を残さないと先へ進めない。
Super AGURIは2ndピリオドへ進めるのか。
井出は何度もCourceOff&STOP!!!
公道だからねかなりムズイものなのかな。
普通そんなとこを高速で走れないもんなぁ。
ってそんな井出がコース半分をふさぎ予選でRedFlag。
再開後真っ先にコースへ入ったモントーヤがすぐさまTopTimeを出すが、すぐさまフィジケラ、トゥルーリと次々に塗り替えた

そしてRaikkonenがTopTimeを出すと、佐藤、井出の二人は指定席になっていた。
バリは途中井出に躓いてが第3セクター遅く17位と先へは進めなかった。

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | [ 編集]

-

このコメントは管理者の承認待ちです

1970/01/01(木) 09:00:00 | | [ 編集]

-

またしてもトゥルーリがTopTimeとなり、それをRaikkonenが塗り替えた。
そのTimeを大きくALONSOが更新した。
その後Massaが単独でClashしRearWingを破損させ終了。
またしてもRedFlagとなった。
そして残り2分でPit前に大粒の雨が降り始めた。

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | [ 編集]

-

このコメントは管理者の承認待ちです

1970/01/01(木) 09:00:00 | | [ 編集]

-

トゥルーリはGearBoxのtroubleでAttackできないでいる。
残り5,6分まではほぼ順位変化はなかった。
そこからPP争いが熾烈になりAlonso、Montoyaが次々とTopを奪っていった。
燃料を積んでタイヤ履き変えて決勝へ臨む態勢でTimeAttack。
残り2分実質あと1周分の残り時間。
ここでAlonsoとフィジケラのRenaultが1,2体制。
だがここにきてButtonがTopTimeを出し自身3度目のPP獲得。

1970/01/01(木) 09:00:00 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 2006年F1世界選手権第3戦オーストラリアGPの2日目。メルボルンのアルバートパーク市街地サーキット(5.303km)では、ノックダウン方式の公式予選が行われ、ホンダのジェンソン・バトンが自身3度目、今季初のポールポジションを獲得した。ルノーのジャンカルロ・フィジケラ

2006/04/01(土) 15:46:27 | 気ままなNotes...

ドライコンディションになった中、予選が始まりました!いつものようにノックアウト方式の予選なのでまずは6台が脱落。以下は結果を知りたくない人はここまでです(^^ゞそんな人はタイトル見て引き返しているとは思いますが・・・井出有治がスピンしまくってコースを塞いでし

2006/04/01(土) 16:26:17 | ハイパーいわん&琢磨(^-^)v♪

フリー走行は夢現で聞いてました どうやらウェットだったとか そして、予選は雨も上がってドライ 例年よりも開催時期が遅いということで タイヤは若干低めで作動するのをチョイスかな ヴィルヌーヴがエンジン交換で10番グリッド降格確定 【予選】 トロロッソ、ミッドランド

2006/04/02(日) 02:14:54 | NEXT→

バトンの後ろにルノーが2台。明日はアロンソが優勝っぽいけどどうなるか。フィジコに期待しましょう。(ノ* ̄▽ ̄)ノ  ライコネンにもっと頑張って欲しいのにー。明日は不運な事が起きませんように(; ̄人 ̄) 今年こそチャンピオンになってくれ そのためにも明日は...

2006/04/02(日) 02:41:29 | 暇つぶしブログ

今日はF1 オーストラリアグランプリフリー走行&予選。今回もハプニング続出でしたな。HONDAのバリチェロが第1ピリオドで脱落したりフェラーリのミハエルも第2ピリオドを通過できなかったり…今年からの予選方法,ノックアウト方式がいい方向にでたのではない...

2006/04/02(日) 09:49:13 | En cuanto a todo debido a FELIZ

■F1GP2006 Rd.3オーストラリアGP・予選2006F1も、もう第三戦、オーストラリア・アルバートパーク。予選・第1ピリオド。半公道コースで、また、雨の上がった路面は汚れていて、井出はコースアウト、スピンするなど苦戦、赤旗の原因も作ってしまった。この影響もあって、後半

2006/04/02(日) 12:38:53 | コレバナ~裏ヨミ! ニュース・ダイジェスト~

オーストラリアGP予選スタート!!!

2006/04/02(日) 14:59:27 | 徒然なるままに…

Copyright © 「自由」に。「マイペース」に。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。