--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2008'02.09.20:07

WindowsとLinuxを共存

最近Linuxを勉強し始めてから、windowsとLinuxのデュアルブートに挑戦していて、やっと今日成功した。

途中はVMwareの仮想PCでLinuxを使えればいいかなと妥協しそうになったこともあったっけ。

一応自分のやった方法を載っけておく。
最初はすべて無料のソフトなどで挑戦、試行錯誤していたが、失敗。

次に家電量販店でデュアルブートに適したソフトはないかと探し、この「システムコマンダー9」というソフトを発見。

LB システムコマンダー9LB システムコマンダー9


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このソフトでHDDを分割し、Linux用のパーティションをつくった。

そこにあらかじめ作成しておいたFedoraのイメージを焼いたDVDでインストール。
インストールの最後の方でブートローダーを使えるように設定して、PC起動時にVistaとFedoraを選択できる。

今回1番苦しんだのがLinux用のパーティションを作ることだった。
自分のWindowsPCはFMVのMG90YNなのだが、最初からパーティションが4つに分けられていた。
1つのHDDにはパーティションが4つまでしか作れないみたいで(←多分…)、CとDと他の何に使っているかわからない2つのパーティション。
知識も無くむやみに後者の2つのパーティションを削除するのも怖いので、Dドライブを削除し、そこにLinuxを割り当てた。

こんな感じで自分はデュアルブートに成功し、できてみるとやはり1つのPCで2つのOSを使い分けることができるのは便利だ。

あとは今までDドライブにバックアップしていたCドライブのデータをどこにバックアップしようか検討中。

追記:システムコマンダー9を使用しているときは、サポートに本当にお世話になった。このソフトを使ってみてもし何か不都合・不具合があったら、まずサポートに電話してみることをオススメする。
スポンサーサイト
Windows & Linux:  トラックバック(-)  コメント(-)
Copyright © 「自由」に。「マイペース」に。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。