--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.21.23:59

ラインクラフトが調教中に急死

 初めてラインクラフトのレースを見たのは、ファンタジーステークス。そのレースでは期待通りに圧勝し、それから注目し始めたことを覚えている。その後の阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞、NHKマイルなど意外とこの馬が走ったレースはしっかり覚えていて、それだけ気にかけていた馬なので、今回の件はショックだった。原因は調教中の急性心不全と馬にとっては珍しいケースだなと思う。

昨年の桜花賞(GI)、NHKマイルカップ(GI)を制したラインクラフト号(牝4歳 栗東・瀬戸口 勉きゅう舎)は、本日6:00ごろ、放牧先のノーザンファーム空港牧場において調教中、直線走路にて脚色が乱れたため下馬したところ急に倒れ、急性心不全により死亡したとの連絡がありましたのでお知らせいたします。(JRA:ラインクラフト号の死亡について)
スポンサーサイト
競馬トラックバック(0)  コメント(0)
Next |  Back

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 「自由」に。「マイペース」に。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。