--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'04.07.14:11

「本谷さんのいない金曜日」 - 本谷有希子のオールナイトニッポンについて

 ちょうど1週間前にニッポン放送の深夜ラジオ「本谷有希子のオールナイトニッポン」が1年を経て終了した。少し時間がなかったので、最終回はラジオを録音して後から聞いた。なので、この記事を書くのが1週間も遅れてしまった。

 僕がこの「本谷有希子のオールナイトニッポン」に出会ったのはいつだったか。全然覚えていないが、たぶん半年程は聞いていたと思う。2005年4月1日のエイプリルフールにこのラジオは始まったらしく、今思えばもっと早くこのラジオに出会えていたら良かったと思う。



 本谷有希子という人がどういう人なのか、今では雑誌などにも載ったりしているし、結構有名になったのだろうか。当時聞き始めたときは、本当に何となく程度だった。本谷有希子って誰?ってな感じで聞き始めたところ、特に喋りが上手いわけではなく、ちょっと変わった女の人だなぐらいの印象だった。でも、何か惹き付けられるものがあったような気がする。声もとても聞きやすかったし。覚え書きとして、一応プロフィールを。
 本谷有希子(もとやゆきこ) 1979年7月14日石川県生まれ。「劇団、本谷有希子」主宰。高校卒業後、大人計画「ふくすけ」、宮沢章夫監修「alt.4」に出演他、声優としても活躍する他、雑誌「ユリイカ」「新潮」などにエッセイ寄稿。現在、月刊誌「EYESCREAM」にてコラム連載中。(本谷有希子のオールナイトニッポン
 ラジオパーソナリティをしていたが、本業は劇団を持っていて台本を書いたり、演出したり、他には作家もこなしたりする。なので、今回のラジオが終了して本人も言っていた通り、今までのリスナーなどとのコミュニケーションの場はほとんど無くなってしまった。本当に残念。

 最終回はラジオでは終わってしまうという雰囲気は全くなくて、本人も実感は全然ないと言っていた。最後は本当にいつも通りあっけなく終わってしまった。でももうこのラジオが聞けないと思うと、やっぱり悲しいものだ。本谷さんが言っていた言葉「ふらっと来て、ふらっといなくなる。」本当にそんな感じだった。

 今日がその本谷有希子のオールナイトニッポンが毎週放送されていた金曜日。実際にコーナーとしてあったタイトルの「本谷さんのいない金曜日」が現実になった日。

 是非もっちん(本谷さん)には、いつかまたオールナイトニッポンに1度だけでもいいから復活してほしいと思う!
スポンサーサイト
日記トラックバック(0)  コメント(2)
Next |  Back

-

もっちんのオールナイトが終わって毎週金曜日になるとなんだか悲しい気持ちにります。
またあの声が聞きたいなぁ

2006/04/30(日) 15:42:27 | URL | [ 編集]

せきよう

同感です。
僕も金曜日になると、本谷さんのラジオを思い出してしまいます。
是非また本谷さんのラジオ、復活してほしいですね!

2006/04/30(日) 19:16:32 | URL | [ 編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

Copyright © 「自由」に。「マイペース」に。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。