--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2006'08.30.19:52

F1ミニカー - 日本限定モデル「Rising Sun」

 去年発売された日本限定F1ミニカー「Japan Power」。それに続いて、今年は「Rising Sun」という日本限定モデルが発売されるようだ。チームはホンダ・トヨタ・スーパーアグリ。

 スーパーアグリのドライバーは琢磨とモンタニーで、ここはやっぱりモンタニーではなく山本左近にしてほしかったなと思わざるをえない。マシンもアグリチームだけショーカーのようで、少し残念。

 でもよくよく考えると、そんなに欲しいのはないかなとも思う。バトン、バリチェロ、ラルフ、トゥルーリ・・・。唯一欲しいといえばスーパーアグリの琢磨ぐらいか。これだけオール日本な感じがしてショーカーだけど欲しくなりそう。台紙に期待したい!!
スポンサーサイト
F1グッズトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.30.14:23

Yahoo!ライブトークのダイジェスト版が見れない!!

 先週Yahoo!ライブトークで放送された柴咲さんのイベント。→Yahoo!ライブトーク

 そのダイジェスト版のレポートが公開され始めたのだが、何と僕のパソコンでは見れない!!ちなみにパソコンはMac(Safari)で推奨環境には含まれていない。でも、生での放送はちゃんと見ることができた。その時とは配信の形式が違うのだろうか。よくわからないが、ライセンスキーの発行でのプラグインが読み込めないとか何とか・・・。

 やっぱり原因はMacだからかな?誰かMacでも見ることができたよ!という人がいたら、コメント宜しくお願いしますm(_ _)m
日記トラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.30.13:43

2007年のF1カレンダーを発表

 2007年のF1カレンダーが発表されたようだ。スケジュールは次の通り。

オーストラリアGP:3月18日
マレーシアGP:4月8日
バーレーンGP:4月15日
スペインGP:5月13日
モナコGP:5月27日
カナダGP:6月10日
アメリカGP:6月17日
フランスGP:7月1日
イギリスGP:7月8日
ドイツGP:7月22日
ハンガリーGP:8月5日
トルコGP:8月26日
イタリアGP:9月9日
ベルギーGP:9月16日
中国GP:9月30日
日本GP:10月7日
ブラジル:10月21日(F1-Live.com)

 今年からの変更点はオーストラリアGPが開幕戦に戻り、ベルギーGPのスパが復活。ヨーロッパGPとサンマリノGPが無くなり、日本GPが鈴鹿から富士に変更。

 来年からは各国1GPになったということか。疑問としてはドイツGPはニュルブルクリンクかホッケンハイムか、どちらで開催されるのだろうか。1年ずつ交互に開催していくという話もあったし。あとイモラが無くなるのも残念。好きなサーキットだったのに・・・。

 唯一復活のベルギーGPのスパ。いろんなサーキットがある中で、特に人気の高いサーキットだと思うので、1年でちゃんと復活してくれたのはありがたい。実際僕はほとんどスパでのレースを見たことがないので、来年は特に楽しみなGPになるだろうと思う。
F1トラックバック(1)  コメント(0)
2006'08.23.17:09

Yahoo! JAPAN ライブトーク - ゲスト:柴咲コウ

 昨日の21時にヤフーのライブトークに柴咲さんがゲスト出演。生放送で新曲「invitation」の話題や視聴者からの質問などに答えたりと、約40分充実した内容の放送だった。

 柴咲さんの話で1番印象に残っているのは、歌詞について。普段曲を聴く時にあまり歌詞を気にしない僕でも、毎回柴咲さんの歌詞は何故か聴き入ってしまうし感心させられる。柴咲さんは歌詞を書くのに、他の人とは違う独自の書き方をしていて、その話題は特に興味深かった。自分の頭にイメージを膨らませ、それがフィルムとなって動いて・・・みたいな。(はっきりとは覚えていないが。)すごい才能だなと思った。

 他に、今リリーフランキーさんの東京タワーが読みかけだったり、毎日納豆を食べるだとかの話をしていた。(ちなみに僕も毎日納豆を欠かさず食べる人なので、ちょっと嬉しかったり。僕は晩に食べるけど、柴咲さんはだいたい朝だそう。)

 このライブトークは全国どこに居ても聴けるらしく(海外でも)、すごい時代だ。ちょっとインターネットの回線が心配だったけど、特に動画が途切れたりとかの問題はなかったので良かった。できたらまたこんな風なインターネットを使った番組に出てくれたら良いなと思う♪(テレビではさすがにこんなひたすらトークというのも無理だろうし。)

 ちなみに今回の放送を僕は録音しておいた。ライブトークは動画でちゃんと映像があるけれど、動画も一緒に録画する方法まではわからなかったので、今回は録音だけ。ちゃんと録音はできていたので、保存しておく。
柴咲コウトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.22.16:36

INORAN - 5年ぶりソロアルバムは9月26日発売

 INORANの5年ぶりのソロアルバム「Photograph」が9月26日に発売が決まり、HMVのサイトで紹介されていた。→Inoran、5年ぶりソロ(HMV)

【収録予定楽曲】
・嘴
・Identity
・Lyrical Rampage
・In Dry Times
・Numb
・Broken Window
・Room
・想
・STK
・Raize
音楽トラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.21.23:59

ラインクラフトが調教中に急死

 初めてラインクラフトのレースを見たのは、ファンタジーステークス。そのレースでは期待通りに圧勝し、それから注目し始めたことを覚えている。その後の阪神ジュベナイルフィリーズや桜花賞、NHKマイルなど意外とこの馬が走ったレースはしっかり覚えていて、それだけ気にかけていた馬なので、今回の件はショックだった。原因は調教中の急性心不全と馬にとっては珍しいケースだなと思う。

昨年の桜花賞(GI)、NHKマイルカップ(GI)を制したラインクラフト号(牝4歳 栗東・瀬戸口 勉きゅう舎)は、本日6:00ごろ、放牧先のノーザンファーム空港牧場において調教中、直線走路にて脚色が乱れたため下馬したところ急に倒れ、急性心不全により死亡したとの連絡がありましたのでお知らせいたします。(JRA:ラインクラフト号の死亡について)
競馬トラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.18.20:52

川井チャンの「F単」4th Edition

 F1GPニュースで紹介されて、気になっていた川井チャンの「F単」。最初は何かわからなかったのだが、立ち読みをして初めて内容を知った。F1に関する用語集の様で、F1の単語帳で「F単」という感じかな?

 これは本当にすごい!!用語解説が1000語以上で、内容が充実。F1を見始めて1年目の僕にはかなり便利で役に立ちそうな1冊で、思わず欲しくなった。その時は持ち合わせがなかったので諦め、今日改めて本屋に行き購入してきた。

 実際、F1GPニュースやレース中でわからない単語とかがよくあるので、本当にこれは重宝しそうだ。これでますますF1に詳しくなれたら良いなと思う♪

4381077911川井ちゃんのF単〈4th〉F1中継によくでる用語
川井 一仁
山海堂 2006-08

by G-Tools
F1グッズトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.13.19:31

F1ミニカー - バトン初優勝モデル発売決定

 バトンがハンガリーGPでF1初優勝を果たしてから1週間。早速、ミニチャンプスから記念のバトン初優勝モデルのアナウンスがあったようだ。

400 060112 Honda F1 Racing RA106
"Jenson Button 1st Win" Hungarian GP 6th Aug 2006.


 モデルは1/43と1/18スケールの両方。“standing figure”とあるので、去年のトヨタ、トゥルーリのファーストポディウムみたいな、ドライバーが立ってガッツポーズをしているモデルになるようだ。これは本当に思い出深いミニカーになりそうなので、確実にゲットしたいと思う!!

 同時にハンガリーGP、2位だったデラロサのファーストポディウムのモデルも。

530 064314 McLaren Mercedes MP4/21
"Pedro de la Rossa 1st Podium" 2nd place Hungarian GP


 こちらも1/43と1/18スケール。僕はたぶんこっちはスルー。出たら欲しくなると思うけど・・・。本当にどっちも発売が楽しみだ♪
F1グッズトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.09.16:43

F1ミニカーを予約 - ビルヌーブとスピード

 F1ミニカーを店頭で予約してきた。今日予約したのは2台。

 1台はジャック・ビルヌーブのイギリスGPフリー走行でのRウイングに「Just Married」と書かれたモデル。元々欲しかったモデルなのだが、ビルヌーブの今シーズンBMWからの離脱を知って、確実に手に入れたいなと。本戦も考えたが、こちらの方が魅力的だった。通常よりも値段が高いので、特別豪華な仕様になってたらいいなと思う。

 それとビルヌーブのマシンの予約のついでに、これも前から予約しようと思っていたトロロッソ、スコット・スピードの本戦モデル。スピードもニコと共に期待しているドライバーの一人なので購入予定。トロロッソのあのデザインも期待したいところ。

 ちなみに先週ハンガリーGPを優勝したバトンのモデルも確実に発売されるだろうし、こちらも楽しみだ。発売が決定したら、人気もあるだろうし早くに予約しておかなければ。(でも、生産台数は多いかな。)
F1グッズトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.08.17:33

Stone Sour - ニューアルバム「Come What(ever) May」

 スリップノットのボーカル、コリィのサイド・プロジェクト、ストーン・サワーのニューアルバム「Come What(ever) May」が8月2日に発売された。このアルバムは僕自身全くのノーマークで、たまたまチェックして新作が既に発売されていることを知った。スリップノットでは特にコリィの声が格好良くて好きなので、こっちのストーン・サワーにも注目したい。

 海外のオフィシャル・サイトでニューアルバムからの3曲がフルで試聴できる。3曲聴いた中では、バラードの「Through Glass」がボーカルの声がとても活きていて、1番僕は好きだと思った。→Stone Sour Official Site(海外)

Come What(ever) MayCome What(ever) May
Stone Sour


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
CDトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.07.23:54

Evanescence - 2ndアルバム「The Open Door」9/27発売

 Evanescenceの2ndアルバム「The Open Door」が9月27日に日本で先行発売される(予定)。それにしても1stから2ndアルバム発売までの発表が長かった。Ben Moodyが脱退したことで、音楽にどう変化をもたらしているのか、その辺が楽しみだ。

1.Sweet Sacrifice
2.Call Me When You’re Sober <1stシングル>
3.Weight Of The World
4.Lithium
5.Could Nine
6.Snow White Queen
7.Lacrymosa
8.Like You
9.Lose Control
10.The Only One
11.Your Star
12.All That I’m Living For
13.Good Enough

 この他に日本盤のみボーナス・トラックが収録予定で、初回限定盤にはボーナスDVD(「Call Me When You’re Sober」のビデオ・クリップ等)が付くようだ。

 「The Open Door」からの1stシングル『Call Me When You're Sober』を試聴→Evanescence :: Japan Official Site
CDトラックバック(0)  コメント(0)
2006'08.05.17:27

ハンガリーGPに向けて

 もう少しで3回目のフリー走行が始まるが、今回もまた楽しみなGPになりそうだ。

 やはり1番はBMWのクビカ。ビルヌーブの乗り代わりとなり、どんなレースをしてくれるのかとても楽しみだ。クビカといえば、僕はあの赤と白を使ったデザインのヘルメットが印象的。今回のレース次第で、この人のF1ミニカーも欲しくなりそうな予感・・・。

 あとアロンソが予選でペナルティを受けるとか。あまり詳しく知らないが、Q3までいけない可能性もあるのかな?なんか最近アロンソの勢いがだんだんと無くなっていっているような気がする。個人的にはしめしめといった感じ。ミハエルとのポイント差がまた詰まれば、より面白くなりそうだし。

 来季のドライバーラインナップが決まったウィリアムズ。まずは正式にニコの残留が決まったので良かった♪でも、今週末もウィリアムズとしては苦戦を強いられそう。何とか2台ともQ3進出を!

 他にはライコネンの前戦に続く表彰台、アグリチームのリタイアなしでどこまで順位を上げられるかが注目どころ。
F1トラックバック(1)  コメント(0)
2006'08.01.19:30

エリザベスタウン

 これは僕にとって特別な映画となりそうだ。普段洋画をあまり観ないからかもしれないが、何か心に響いた感じがする。感想を書くのは苦手なので、Amazonの解説を借りてこの映画の重要な部分を。

 ・キャメロン・クロウ監督の絶妙な選曲センス
 ・ふたり(ドリューとクレア)の延々と続く携帯電話のやりとり
 ・ドリューがひとりで車の旅に出るシーン

 物語が進む上でのサントラは本当に素晴らしかった。映画においての音楽の重要性を改めて感じさせられた。

 下の2つのシーンがとても良かった。結局、この映画は恋愛映画だったのかな?でも、それが主旨ではない。人によって感じ方は様々だけど、僕には何か他のメッセージ性もあるような気がした。

B000BD7AR2エリザベスタウン
キャメロン・クロウ オーランド・ブルーム キルスティン・ダンスト
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2006-04-21

by G-Tools

 少し落ち込んだ時にでも観るのがいいかもしれない。のんびりと。僕も元気づけられたし、またもう1度観たいとも思った。アクションやホラー、SFなどいろんなジャンルがあるが、僕はこんな映画が好きだと思った。
日記トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © 「自由」に。「マイペース」に。. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。